買取前にクリーニングに出すべき?

着物の状態によっては査定額に影響することも

着用する頻度が低い着物は長期間タンスやクローゼットにしまわれていることが多く、知らないうちにカビやホコリなどの細かい汚れが付着していることがあります。かといってご自宅で洗濯するのは高度な技術が必要となるため、そのままの状態で買取に出す方が多いようです。
しかし、シミや汚れが付着した着物をそのまま買取に依頼してしまうと、状態が悪い着物と判断されてしまい査定額のダウンに繋がってしまう恐れがあるのです。
「購入した時は高かったのに買取に出したら安い値段しか付かなかった…。」という悲しい事態を避け着物本来の価値をしっかりと評価してもらうためにも、少しでも新品の状態に近づけることが重要なポイントとなるのです。

汚れなどが目立つ場合にはクリーニング後の買取がおすすめ

上記の通り、状態の良し悪しは着物の査定額に大きく影響を及ぼします。そのため、なるべく綺麗な状態にしておくためにも買取前に一度クリーニングに出しておくことをおすすめします。
付着した汚れやカビ・ホコリなどが綺麗に落ちるのはもちろん、生地にしっかりとアイロンがかかることで、ものによっては新品同様に蘇らせることができるのです。
また、クリーニングに出す際の注意点として、着物の取り扱いに慣れている店舗を探すことをおすすめします。着物は非常にデリケートな製品のため、生地を傷つけてしまうなどトラブルを発生させないためにも業者とのやりとりは慎重に行い、汚れの箇所や生地の種類などを確認しながら依頼するようにしましょう。