お別れする着物に感謝をしましょう。

大切な着物を活用するには?

着物は代々受け継いだものや、人生の節目に購入したものなど思い入れのあることが多いのではないでしょうか?
その大切な着物は袖を通すことがなくなってしまったら洋服などに作り替えたり、バッグや小物にリメイクして手元に残すこともできます。着物は洋服にはない色合いや柄が施され素材による風合いが異なるためオリジナルの一点物となります。着物は究極のエコロジーといわれ、着られなくなった物でも様々な活用方法があります。自分でリメイクすることも可能ですし、着物のリメイクを専門とするお店もあり着物を蘇らせます。また、古い年代物の着物はアンティーク着物として海外の方や若い女性にもファッションアイテムとして注目されています。

中古の着物を買取ってもらうためには?

中古の着物はリメイクしても良いですが、着物にシミや汚れがなく状態が良ければそのまま着用してもらいたいものです。女性のお稽古事としてお茶やお花、日本舞踊などがありますが、お稽古事に着用するものとして中古の着物は需要があります。
買取を検討するときは、一般のリサイクルショップではなく着物の知識を持つ専門の買取業者に依頼することで大切です。着物は傷みがあるかどうかなどの状態や、素材・産地などで査定額が変わってきます。査定の基準がしっかりしている優良な業者を選択して依頼するようにしましょう。
着物を売却する時は、今までの感謝の気持ちを込めて保管してある着物の状態を再度チェックしてから査定を依頼しましょう。汚れやシミがある場合や、帯なども併せて依頼する時は業者によって取り扱いが異なる場合があるため事前に問い合わせてみることをおすすめします。