着物の状態をチェックしよう!

普段からこまめにお手入れするのが大切

着物は普段から着ている人であればそう問題はありませんが、作っただけでまったく着ないという人は、最低でも年に一度は出して状態をチェックしましょう。
着物は桐の箪笥などに仕舞うのが理想的です。これは、桐は密封性と通気性の両方を兼ね備えていることで、湿気と虫を防ぐ効果があるからです。そうでない箪笥での保管には乾燥剤や虫よけを多めに使うことをおすすめします。虫食いやカビは着物にとって命取りになるからです。
また、時々出して広げて状態をチェックしたり、陰干ししましょう。皺が出来たまま畳んでいないかも重要です。そして、たとう紙にシミが出来ていないかもチェックします。シミの出たたとう紙は着物をいためてしまうことがあり、替える目安なのです。

防虫剤や乾燥剤もチェックを

着物の保管に欠かせないのが防虫剤です。桐箪笥に保管している場合には乾燥は保ちやすいのでこまめに出し入れする人であれば大丈夫なことは多いですが、それでも箪笥の置き場所や地域によっては多少の湿気はあります。乾燥剤を使用する人も少なくありません。
ところで、気をつけたいのはこの防虫剤や乾燥剤です。正絹や綿、ウール、化繊といった素材の着物そのものにはあまり影響はしないようですが、小物の素材やそれが入っているプラスチックの容器などが化学反応を起こし、使い方によっては変形したり溶けてしまうことがあります。
また、同じ場所に着物を入れておくと、色褪せやシミなど着物もいたみやすくなる場合もあるのです。プラスチックなどは同じ所に入れず着物と分けたり、乾燥剤や防虫剤を入れる場所、組み合わせにも注意しましょう。